Vtuber発掘日誌

個人的に気に入ったVtuberを紹介するブログ

VTuber新人発掘を行っている人が減少しているようです

 

www.youtube.com

女帝セツナさんのこちらの配信の中で興味深い話をなされていました。

・デビューする新人VTuberの数が減少してきている

・新人VTuberの発掘を行っている人が減少している

ざっくり言うとこんなハナシ。ほんとにざっくりなので詳しくはアーカイブをご覧ください。

これらに関して少し思うところがあったので書いていきます。

 

新人VTuber発掘する人が減ってきているハナシ

正直に言います。

VTuber発掘とブログタイトルに入れましたが最近はめっきり新人発掘を行うことが減りました。はい。

その理由を説明しますね。

思ったより増えたVTuber

 ブログを始めた当初「毎日1人づつ新しい人を見ればいつか全員チェックできるだろうな~」と思ってました。

・・・バカですかわたしは。

 予想とは裏腹に増え続けるVTuber。1日に30人近くもデビューした日もあったそうです。

ではなぜそんなアホな予想をしたかといいますと「後発VTuberほど高クオリティでなければ人気はでないだろう」、「そんなすごすごモデルのVTuberが毎日のようにデビューするのは難しいだろう」と思ったわけですね。

実際は見ての通りです。私の見通し甘すぎでは...…?

生配信が優勢に

これも当初予想できていませんでした。

完全に動画中心の世界を予想しちゃっていました。だから1日1人見ればいいやと思っていたわけです。

が、しかし、今や生配信が増えに増え、探せばどこかでVTuberの配信をやっているという状態に。

 流石にチェックに1時間以上とられるのは厳しいものがありました。よくばりセットリスペクトの見どころ切り抜きまとめ動画がなくなったのもこのあたりが影響しているのかなと思います。

 探すのが非常に面倒

新人VTuberさんの動画を見るより圧倒的に検索に時間が奪われます。これはもうYouTubeの検索機能が息をしていないせいです。Twitterで探すのもつべよりはマシですが、VTuberを見つけても動画どこ・・・?となることが多くこちらもやはり時間がかかりました。

 

 

そのようなことが色々積み重なって、申し訳ないですが新人VTuber発掘はあまり行わなくなりました。

 

どうする!?新人発掘

界隈にとって新しい風が吹くことは非常に大切です。

しかし、新規参入しようとするものにとってはかなり厳しい世界になってしまっているということも否定できません。

視聴者にとって新人発掘は義務ではありませんので、魅力の保証されている人気VTuberを見に行くというのも当然のことでしょう。

新たな風を吹かせるために、新人VTuberや埋もれているVTuberが注目される工夫を界隈が取り組んでいく必要があるのかもしれません。

新人発掘の課題

・膨大な数のVTuber誰がチェックするの?その人がやるメリットは?

・新規VTuberを見に行く余裕のある視聴者はいるの?

・他にも娯楽がたくさんある中で見に来てもらえるの?

 ・権利的な問題は?

などなど課題は山積みです。

 

雑誌やネットメディア、新規プラットフォーム運営あたりが何か企画してくれれば面白いのですが、なかなか難しいものがあるのかもしれませんね。

 界隈を応援している身としてはこういう企画をしようとするところがあればぜひ応援したいと思います。

 

という身もふたもない記事になってしまいましたが今回はここまで。