Vtuber発掘日誌

個人的に気に入ったVtuberを紹介するブログ

「バーチャルYoutuberよくばりセット」の代わりとなるものは

バーチャルYoutuberよくばりセットとは

バーチャルYoutuberよくばりセット」とはニコニコ動画に投稿されていた動画シリーズである。

様々なバーチャルYoutuber動画の切り取りをまとめたもので、バーチャルYoutuberブームの拡大に一役買っていた。

特に、新人Vtuber知名度向上においては当時大きな影響力があったと言っても過言ではない。

現在は、諸問題が発生したことからすべての動画が削除されている。 

よくばりセット消滅後のVT界

よくばりセットはなくなってしまったが、依然としてVtuberの数は増加している。

今後も性別の壁、アバターの壁が薄くなっていくことが予想され、夏休みにかけてさらに多くのVtuberがデビューするであろうと考えられる。

しかし、よくばりセットのように新人Vtuberに注目の機会が与えられることは現在ほとんどないと言ってよい。

このままでは、注目を集めるために過激なパフォーマンスを行うものが現れてもおかしくない。

やはりどこかでよくばりセットの代替となる仕組みを整えることは必要であろう。 

よくばりセットはなぜ注目されたのか

前提としてバーチャルYoutuberブーム真っ盛りであったことは忘れてはいけない。

その中で動画発掘の手間を肩代わりしてくれる存在であったこと、人気Vtuberと新人Vtuberがバランスよくまとめられていたことが大きな要因であった。

重要なのは①発掘機能②看板の存在である。

よくばりセットの代替となるものとは

現在代替となるようなものがないわけではない。

upd8、にじさんじ、.LIVEなどのグループは看板となるVtuberのもと新人発掘を行っていると言えよう。

『ぽんぽこ24』『キズナアイ杯』『Vtuber最強決定戦』などの大型イベントも同様の働きをした。

しかしそれだけではカバーしきれない領域も存在する。例えば大型イベントと「ミソシタ」や「鳩羽つぐ」のような他と関わりを持たないことが魅力の一つとなっているVtuberとは明らかに相性が悪いし、ASMR配信を得意とするVtuberも自分の良さは発揮できない。彼らの良さを発揮できるのは自分の配信や動画だ。

 動画を見せることができるという意味では以前あったPANORAのランキング動画のようなものは適しているのだが、そうなると今度は人気Vtuberにしかスポットライトが当たらない。

 

なるほどでは人気Vtuberと観る動画鑑賞会などはどうだろうか?映画の同時視聴のように配信画面には映さなければ権利的にも問題なさそうだ。問題があるとすればストリーマー系Vtuberの紹介はできないといったところか。

 

よくばりセットの代替として完璧なものは存在しないかもしれない。

しかし、たとえ完璧でなくとも『キズナアイ杯』をはじめとした様々な試みを続けていくことが継続的にVtuber界を成長させていくために必要なのだろう。